30代の転職や再就職に必要な仕事探し情報

リクナビNEXT[転職者の8割はココを使う!]
詳細
★★★★★
30代の転職を最大限サポートできるのがリクナビNEXTです。掲載求人の大部分がこの年代を対象としているので良い案件が見つかります。また、転職ノウハウもあり、はじめての転職者でも安心!
利用者の声
良かった
自分の希望条件を登録しておけば、定期的に求人情報が送られてくるし、、自分の経歴を匿名で公開しておくと、企業からのスカウトを待つこともできる便利なサービスがあるリクナビを使わないのは、単純に勿体無いと思う。全部無料だしね。(31歳 女性)
良かった
転職は今のところ考えてないけど、一応リクナビには登録はしてる。仕事に失敗した時とかに読んでると転職活動してた頃を思い出して、また仕事頑張ろうって思うし、こんな時代だからいつでも次の仕事に備えておくってことも大事かなって思ってる。(35歳 男性)
良かった
自分の転職市場での価値を前もって知りたいと思って、リクナビに登録しスカウトサービスを利用してみました。転職しようか迷っていた気持ちを後押ししてくたことに感謝していますし、転職市場のことが事前に分かるので便利だと思います。(34歳 女性)

リクルートエージェント[転職の質を上げるならココ!]
詳細
★★★★
 希望条件とマッチした求人を紹介するのがリクルートエージェントです。アドバイザーがカウセリングを行い転職先を決めていきます。すべての転職対策が無料でサポートしてもらえることも魅力的。
利用者の声
良かった
リクルートエージェントの最大の魅力は、応募企業の選択や条件の交渉、面接日程の調節など全てを任せることができることです。在職中で忙しい私でも、短期間で転職できたのは、たくさんのサポートがあったからこそだと感謝しています。(37歳 男性)
良かった
転職市場のデータやビジネスニュースのコンテンツも充実していて、読み応えがあり転職活動中の情報源として大いに活用できました。面接当日にも、ニュースの内容を織り交ぜながら話しをしたので、よく勉強していると好印象を持ってもらえました。(33歳 男性)
普通
私が応募企業を選ぶポイントになったのは、リクルートエージェントが持つ応募企業の具体的な社風についての情報があったからです。求人票に載っている条件は良くても入社してみると社内の雰囲気が悪いという失敗はしたくないと強く思っていたので、本当に助かりました。(35歳 女性)

<30代転職市場の現状>

 

 2014年度から労働移動支援助成金を拡充する方針というニュースが流れ、今後30代以上の年代への転職支援が充実すると予想されます。これは30代で転職を考えている人にとっては追い風です。とはいえ、求人募集を見ても30歳までという求人は多くありますが、30歳を過ぎるとガクンとなくなるのが現状です。

 

 

 30代には結婚して家庭を持っている人も多く、転職するということは今後の家族の生活にも関わってくることで、人生の一大事と言えます。なので、安易に妥当して決めるのは禁物です。本当に自分のやりたい仕事を探し、転職に成功させなければなりません。焦ってはいけませんが、長期化するのも家族を抱えていると大変です。

 

 

 30代での転職を成功させるには、相手側の求めているものをしっかり把握することが大事です。企業の求めるものと、自分の持っているスキルがマッチしなければ転職は成功しません。

 

 

<30代の強みとは>

 

 転職は30歳までが有利、30歳を過ぎればなかなか採用してくれる企業はない。そんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、30代には発揮できる大きな強みがあります。それは、これまでに培ってきたスキルや経験です。30代になれば、例えば営業・企画職ならプロジェクトを担当したり、技術職なら現場を担当したりと、先輩のアシスタント的な立場ではなく、1人で仕事をこなした経験のある人が多いでしょう。その経験は大きな財産になっているはずです。同じ職種に転職するのであれば、即戦力として働くことができるので、アピールできるポイントはたくさんあります。

 

 

 しかし、未経験の分野においては30代になると少し厳しくなります。未経験の職種に転職するのであれば、賃金ダウンを覚悟し、これまでの経験が未経験の職種にどう活かせるかをアピールする必要があります。

 

 

<転職成功者には共通点があった!>

 

 転職に成功する人には共通点があります。どんな分野で、自分のスキルをどう活かせるかを明確にしていて、応募する企業のこともよく調べている人は成功しやすいです。逆に、方向性が定まっていなく、闇雲に転職活動をしている人は失敗を繰り返す傾向にあります。

 

 

 応募先の企業のことをよく調べていれば、面接でもこれまでの自分の経験とリンクさせて、この会社にどのように貢献できるかをアピールすることができます。また、仕事内容について質問する時にも明確な質問ができ、よく調べていることを印象づけられます。質問が何もないというのは「あまり関心がない」と思われてしまいます。

 

 

 失敗を繰り返している人は、もう一度自分の経験やスキルを洗い出して、自分に適している企業を見つける必要があります。時には、ハローワークやエージェントなど、第三者の目から客観的に判断してもらうのも1つの方法です。

 

 

<転職サイトのメリット>

 

 求人情報を収集するために一番メリットがある媒体は、転職サイト・エージェントです。他の求人媒体(ハローワーク、就職情報誌など)と比べて圧倒的に求人数が多いのです。また、転職サイトで募集をかけている企業は、求人の質が良いと言われています。これはどういうことかと言うと、ハローワークに求人情報を掲載する場合は無料ですが、転職サイトの場合は有料なので、それだけ本気で良い人材を探していると言うことになります。そのため他の媒体に比べて大手企業や条件面の良い企業が多いのです。

 

 

 30代がぜひ活用したほうが良いのが転職エージェントです。30代は社会に出てから十年前後がたっている人が多く、高いスキルや専門知識を持っています。それらを活かすためには、プロのアドバイザーの力を借りるとスムーズです。アドバイザーが、あなたの経験やスキルを分析して、それらを活かせることができる企業を紹介してくれます。自分を客観的に判断してもらうことも大切です。

 

 

 他にも、面接でのアピール方法や職務経歴書の書き方の指導、企業との間に入り面接日の取り決めも行ってくれます。また、自分では聞きにくい年収の交渉を行ってくれるので心強いです。自分1人ではなかなかスムーズに活動が進まない時は、プロの手を借りるのも良いでしょう。

 

 

<転職サイト利用者の成功事例>

 

(事例1)

 

 アドバイザーの方に紹介してもらった会社は、以前の会社よりも規模が大きくて条件も良いところでした。最初は自分には無理ではないかと思っていましたが、自分の持っているスキルとその会社が求めるものが一致しているということでしたので、思い切って応募してみました。スムーズに面接も突破して内定をもらい、今では以前よりも高い給料をもらうことができています。思い切ってエージェントに登録してみて本当に良かったです。

 

★成功のポイント
 プロの判断によって、自分のスキルを活かせる企業を見つけることができたのが成功につながったのでしょう。自分1人ではなかなか気づかないことがあるので、時には第三者の目から客観的に判断してもらうことも必要です。

 

 

(事例2)

 

 何度も面接で落とされ、もう転職は無理なのではないかと諦めかけていましたが、アドバイザーの方に相談したところ、自分のアピール方法が間違っていたことに気づきました。アドバイス通りに面接での受け答えを改善したところ、ようやく手応えをつかむことができました。

 

★成功のポイント
 自分でどこが悪いのか気づかないと、いつまでも同じやり方で転職活動を続けてしまいます。面接に何度も失敗するということは、どこかに問題点があるということです。プロの目から見て改善点を指摘してもらうことができ、面接官との意思疎通もうまく行ったのではないでしょうか。

 

 

<おわりに>

 

 30歳からの転職は簡単なことではありませんが、決して無理ではありません。自分の持っているスキルを活かせる企業に転職することができれば、今までよりも収入アップの可能性もあります。収入アップを見込めるのは30代の転職まででしょう。40代を過ぎると転職自体が難しくなってしまいます。30代の転職がラストチャンスだと思い、強い意欲を持って転職活動に取り組み、ぜひ内定を勝ち取ってください。

 
 

 
トップページ 30代で転職を考えたなら流れを把握する おすすめ転職サイト